迷ったら、いつも「優しい方」を選ぶ自分でいたい

いつも、できる限り、人や周りに優しくあることを選びたいと思う


素敵なものを手にして
自分のものにするか誰かにあげるか迷ったら
誰かにあげることを選びたい


自分に意地悪な人が、寒そうにしていたら
ジャケットを貸してあげることを選びたい


階段で重そうな荷物を運んでいる人がいたら
周りの誰も気にしていなくても
手を差し伸べることを選びたい


その結果
相手に感謝されなくても
意地悪なことを言われても
助けを断られても
その結果を後悔しないでいたい

Continue reading “迷ったら、いつも「優しい方」を選ぶ自分でいたい”

怒らなくなること

怒ることは
避けられないことだと思う人たちがいる


口うるさい上司だったり、ダメな政治家
割り込んでくる車や
急にキャンセルされた約束
世の中の不合理

私たちの権利を取り戻すには
怒ることが必須だと思う人たちもいる

Continue reading “怒らなくなること”

幸せな気持ちでいるために

私たち生きものは、
常に何かを感じている

気づいていても、いなくても
目が覚めてから、眠りに落ちるまで
夢の中でさえも


コントロールのできない感情に
コントロールされてしまっていることもしばしばあると思う

Continue reading “幸せな気持ちでいるために”

私たちのもつポテンシャル

いろんなことが、うまくできない気持ちになるときがある

ダメだと分かっているのに怒ってしまったり
どうしてもイライラを消せなかったり
自己嫌悪や
うっかりついてしまった嘘

Continue reading “私たちのもつポテンシャル”

メディテーションな世界

私たちはいつも、体が傷つかないように大事に気をつけているけれど
私たちの心は、いつも傷つきやすい形で
守られることもなく、とても無防備に生きている

体が健康であるために
私たちは毎日ヨガやジョギングをしたりするのに
心が健康であるために
毎日心のトレーニングする人はあまりいない

Continue reading “メディテーションな世界”

内側の問題、外側の問題

パンデミックが起こって、いろいろな『問題』が世界に渦巻いているけれど
問題を解決しようとするときに
『内側の問題』と『外側の問題』をきちんと区別することは大切だと思う

Continue reading “内側の問題、外側の問題”

支えられて生きていること

普段何気なく通り過ぎていた
近所の雑貨屋さんやレストランがことごとく閉まり
その壁の貼り紙をみて
初めてオーナーの名前を知ったりする

いつもは当たり前のように買えていたトイレットペーパーが買えなかったり
顔見知りの薬局の店員さんが
リスクを押して働いてくれるヒーローになったりする

Continue reading “支えられて生きていること”

人生の目的が分からないような気がするとき

「やりたいことが見つからない」「人生の目的が分からない」
という人がときどきいる

本当は

私たちが人生で達成したいこと、叶えたいことは
生まれたときからみんな同じで

ずっと、私たちには分かっている

Continue reading “人生の目的が分からないような気がするとき”